本業と副業の違いって何?初心者にも分かりやすく3つ教えます!

副業を営んでいる主婦の話をインターネット上のコラムなどで目にする機会も増えました。家事という本業を営む傍らでライター業などで家計を支えるクレバーな主婦が連日のように注目されています。

副業を営む主婦が増えることはいいことですよね、でも副業と本業の違いってなんでしょうか?副業を営んでいる主婦の人にこの問いをしてハッキリとした答えが返ってくることは殆どありません。そこで、今回は副業初心者にも分かりやすく3つの違いをここで紹介させていただきます。

1.責任の重さが違う

これは私の持論ですが、副業と本業では責任の重さが違っているように感じます。本業には常に重い責任がついてまわります。投げ出したら多くの人から非難されます。簡単に投げ出してやめることなど出来ません。

しかし副業は課せられる責任がとても軽く、その気になればすぐにやめたところで大して問題はありません。辞書にもあるとおり副業は本業のかたわらにするお仕事です。かたわらで適当にする仕事ですので、大きな責任が伴ってはいけないのです。

もしも本業以上に副業のほうに重大な責任感を感じているのであれば、それはもはや副業と本業が逆転しているといっても過言ではありません。責任の重さでどちらが本業なのか計ることができるのです。

2.楽しいのが副業

きつくてつらい本業に比べて副業は非常に楽しいものであることが多いです。本業がキツいから楽しいのか、副業そのものが楽しいのかは分かりませんがそのような傾向にあるのは事実です。楽しいから稼ぎが本業より少なくても続けることができますし、ある意味本業よりも熱意をもって取り組むことができるのです。

当然本業も副業も楽しいと思っている人やその逆に思っている人もいるでしょう。ですがかね副業は本業より楽しいものなのです。

3.失いたくないのが副業

いつ失っても大した問題がないのが副業のはずです。ですがそれにも関わらずある意味副業は本業よりも大切に扱われる傾向にあります。

失っていいはずの副業を本業よりも大切に扱い、失いたくないと思うのはどうしてなのでしょうか?それは上で述べたように綿氏達がある意味本業よりも副業に多くの情熱と時間を割いているからでしょう。

本業で多くの金額を稼いだり、何かを生産することができるのは当たり前です。それがその人にとっての本業だからです。ですが副業で稼いだり生産することが難しいのは副業を営んでいる人であれば分かるはず。だから私たちは副業を失いたくないと常に思ってしまうのかもしれませんね。

4.副業と本業はいつ入れ替わってもおかしくない

本業と副業をそれぞれ明確に分けて取り扱っているつもりでも、いつの間にかそれらが入れ替わっているということがあります。熱意や情熱を副業に注ぎすぎるあまり、副業が本業にとって変わるのです。

それは副業に本気で取り組んでいるのであればいつ起こってもおかしくありません。副業の稼ぎが本業の稼ぎを超えた時や無理をすれば副業だけで生活することができるようになった時など本当にいつソレが起きてもおかしくないのです。

5.副業と本業が入れ替わると何が起きるのか

上で紹介した副業と本業が入れ替わるという事態が起きることによってもたらされることは何も悪いことばかりではありません。それをちゃんと自覚していればモチベーションの増加や収入額の増加などプラスに働くことだってあるでしょう。

しかし自覚せずソレが起こってしまった場合逆の効果が現れることだってあり得ます。私たち副業をする主婦はそれだけは避けなければなりません。

副業は常に副業として扱い、それを本業にするのであればその時点から明確に入れ替える。ハッキリと頭の中で明言していく必要があるのです。

まとめ

本業と副業の違い、そしてそれらが入れ替わる可能性と入れ替わった時に一体何が起きるのか…理解してもらうことができたでしょうか?

副業初心者の人には余り縁の無い話に感じられたかもしれませんがこれから副業を営んでいくのであれば必ず関係してくる話です。この記事で得た情報は頭の小さなタンスに大切にしまっておくことをオススメします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ