主婦副業中級者ってどこから?中級者を示す指標を5つご紹介!

一言に主婦副業中級者といっても、それを示すための指標はたくさんあります。一月に得る収入だったり、主婦副業に対する理解度だったり知識の量だったり…それこそ主婦副業を営んでいる人の数ほど指標の数も存在していることでしょう。

自分が主婦副業の初心者なのか、それとも中級者に既に達しているのか気になったことはありませんか?ここでは一般的に言われている主婦副業の中級者を示す指標を5つ紹介させていただきます。指標によっては既に中級者になっているかも!?

1.収入

おそらく最もシンプルでわかりやすい指標がコレではないかと思われます。一月に10万円以上稼げたら、1万円以上稼ぐことができたら主婦副業の中級者というのはよく言われる話です。

しかし収入を指標とする場合、とある問題が指摘されることがあります。ある一定金額を指標として定めてしまった場合、営んでいる主婦副業によって達成難易度が変わってくるためです。

ポイントサイトで月に5万円稼ぐのと、ライター業で月に5万円稼ぐのとでは後者のほうが圧倒的に簡単です。

それを踏まえた場合、収入を中級者判別の指標として用いるのであれば主婦副業ごとでそれぞれ独立した指標となる金額を定める必要があるでしょう。

2.知識

主婦副業についてどれだけ知っているのか、稼ぎ方含めた全ての知識の総数は度々中級者を判別するための指標として使われます。

質問がいくつか出され、その質問に全て回答することができたのであれば、主婦副業の中級者を名乗っても恥ずかしくがない知識があるとされるのはよく聞く話です。質問に答えることができれば認めてもらえるので、収入の次にわかりやすい指標といっても良いのではないでしょうか?

主婦副業ごとで質問内容も異なるため、ズレが生じることもありません。間違いなく最もポピュラーな指標の一つといえるでしょう。

3.その主婦副業に費やした年月

主婦副業に費やした年月がながければ中級者と認めるという人も一定数存在します。上で紹介した二つの指標ほどポピュラーではありませんが、そのような人たちというのは確かに存在しているのです。

もしも半年間毎日それなりの時間を主婦副業に費やしていたのであれば、仮に収入が月数百円でも認めるというのですから不思議ですよね。稼ぐことが出来ない自分を中級者と認めたいからそのような指標を設けるのか、それとも別の理由か…。

実力至上主義の私としてはあまり認めたくない指標の一つですが、そのように考えている人たちがいるのも確かなのでここで紹介させていただきました。

4.人に教えることができれば中級者

これは主婦副業に限った話ではありませんね。人にその主婦副業での稼ぎ方をレクチャーすることができれば中級者と認めるというものです。人に教えることが出来るほど理解と知識があれば中級者と名乗っても問題ないだろうというのです。

私としては人に稼ぎ方をレクチャーすることができ、かつレクチャーされた人が本当に稼ぐことができるのであればソレはもはや上級者を名乗っていいと思っています。

稼ぐためのパターンが分かっており、それを人にレクチャーすることが出来るのであればもはやその主婦副業をマスターしたと言っても過言ではないからです。これが出来るのであればまず間違いなく中級者の実力はあるでしょう。

5.総合的に判断する

最も曖昧な判断基準でありながら、多くの人から支持を得ている指標がこれになります。上で紹介した知識や理解度、収入全てを吟味したうえで総合的に中級者かどうか判断するというものです。

これを中級者かどうか判断するための指標として用いる場合、中級者判別は容易なことではありません。様々な情報を様々な観点からチェックして始めて中級者かどうか判別することができるためです。当然それなりの時間がかかりますし、判別する人によってブレも生じることでしょう。

非常に曖昧な判断基準ですが、これがどうしてなかなか、多くの人から絶大な支持を受けているのです。

まとめ

いかがでしたか?指標によっては自分でも主婦副業中級者を名乗ることが出来るというものが一つはあったのではないでしょうか?中級者を自分で名乗ることは簡単ですが、それに見合った収入を稼ぐことは簡単なことではありません。

何を指標に自らを中級者とするかは自由ですが中級者を名乗ったところで現実は変わりません。初心者である可能性が少しでもあるのであれば、初心者のままでいたほうが良い時だってあると私は思っています。中級者はなるものではなく、なるべくしてなっているものなのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ